背中ニキビが治らないときは病気かも?

背中ニキビ 病気

背中ニキビで疑われる病気としては毛嚢炎(もうのうえん)があります。

これの原因となるのはほとんどがブドウ球菌で、表皮の傷から細菌がはいるのが原因とも言われています。

不衛生な公衆浴場に入った後にこの疾患が出ることもあります。

適切なニキビケアをしても背中ニキビが治らないときはこの病気を疑って、皮膚科で診療を受ける方がいいでしょう。

皮膚科では抗生物質の外用または内服が処方されます。

にいな
にいな

ただ背中にニキビが出来たからといってすぐ病気を心配する必要はありません。

背中も顔と同じく毛穴に皮脂腺があり皮脂が分泌される場所。
顔の次にニキビの出来やすい場所といわれています。

そのため背中に多少ブツブツが出来た程度でしたら、それは顔のニキビと同じで毛穴の詰まりが原因でしょう。

この場合、ホルモンバランスが崩れるような原因である生活習慣の乱れを見直すことが大切です。

暴飲暴食を改め、十分な睡眠をとることを心がけましょう。

また汚れやシャンプー残りをしっかり洗い流すことも必要です。

石鹸で洗った後はしっかり保湿。

顔は洗顔後保湿してるのに、背中はなかなか保湿ケアなんて思いつきませんよね。
実はこの保湿で背中ニキビが治る可能性があるんです!

どうしても背中ニキビが治らなくて困っている人はこちらのとことん保湿にこだわった保湿薬用クリームがおすすめです!

お風呂で綺麗に背中を洗ったらこれを塗ってみましょう。

悩んでた背中ニキビはこれで解決できるかも。

ジュエルレイン