ニキビの化粧水の正しい使い方

ニキビがよく出来る
いつも同じ場所に繰り返す
これはオイリー肌でも乾燥肌でもあることです。

なぜならオイリー肌も乾燥肌も足りないものがあるからです。

 

それは保湿です!

 

オイリー肌でも乾燥肌でも洗顔で毎日の汚れを落とさないといけません。
でも洗顔って結構肌を傷めてしまうです

 

だから洗顔直後の保湿は特に気をつける必要があります。
そしてそんな保湿の中でも化粧水は一番最初に肌に塗る大切な商品。
この化粧水が自分の肌にぴったり合って肌にすっと浸透すればその後の美容液や乳液もしっかり肌に密着してくれるんです。

 

化粧品はたくさん種類がありすぎて、どれを買ったらよいのか迷うところですね。
でもちょっと塗って合わないからと化粧品をすぐ変えてしまうのは考えものです。

 

化粧品が肌になじんで効果があらわれるには2週間は必要だといわれています。
つけて合わないからとすぐ変えるのでは効果がでません。
しばらく使ってみて本当に自分に合う化粧品を見つけるのが大変なことです。

 

もちろんつけてすぐ湿疹が出来たりの肌トラブルがあった場合はすぐに使用を中止しないといけません。

また化粧品のつけ方でも間違った情報が…

 

化粧水の浸透時間

 

化粧水はつけてから肌に浸透させるまでしばらく待った方がいい
そんなことを何かで読んだことがありますが、これは間違いです
化粧水はほとんどが水で出来ています。
そして水は温かいところにつけると蒸発します。
なので肌にのせると蒸発するのです。
おまけに気化熱で肌の水分まで一緒に蒸発させてしまいます。

 

時間をおくことはせっかく水分補給をしているのに、逆に肌の水分をどんどん蒸発させているのです。

 

 

化粧水の正しいつけ方

 

  • 化粧水を肌にのせたら両手で顔全体にようくなじませます。
  • その後すぐに美容液や乳液などの油成分で水分をギュッと閉じ込めるのです。

こうすれば肌の水分が蒸発することなく皮膚の奥までしっとりと浸透してくれます。
ほんの少し気をつけるだけで大切な「保湿」が大きく変わります。

 

また化粧品は出来ればシリーズものを使うのがおすすめです。
シリーズでは専門家が水分や油分の配合を考えて作っています。
バラバラに買ってしまうと、水分が足りなかったり油分が多すぎたりなんてことになりかねません。

 

 

化粧水のまとめ

 

  1. 化粧水は常に新しい製品に変えるのではなく、しばらく使って肌になじませる。
  2. 化粧水は浸透時間をおかず、付けたらすぐに油成分の化粧品でふたをする。
  3. 化粧水と美容液や乳液はシリーズものを使用する。