思春期ニキビを治す



思春期ニキビに!お母さんが選ぶニキビ予防

ニキビは大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビの2種類があります。

思春期ニキビとはその名の通り思春期の10代に出来るニキビのことです。
これは体が子供から大人に成長するときに、ホルモンバランスが著しく変わり、男性ホルモンが増えることで出来るニキビです。

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあるため、皮脂が過剰に分泌されそれが毛穴に詰まって思春期ニキビとなってしまうのです。

またこの時期は女の子でも男性ホルモンが一時的に多く分泌されるので、思春期は男女ともにニキビが出来やすくなります。

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌

出来やすい場所は皮脂腺のある毛穴がたくさんある場所です。
鼻ニキビ

鼻の周りやおでこなどのTゾーンが最も出来やすくなっています
ただこのニキビの場合、思春期を過ぎると落ち着いてきて20代ぐらいになると自然に消えるていきます。

ニキビが出来たからと気にして触ったりすると雑菌が入って炎症を伴うひどいニキビになってしまい、それが肌に残ってニキビ跡となる可能性もありますので、ニキビが出来ても触らないよう気をつけましょう。

また思春期ニキビの原因は皮脂の過剰とほとんど特定されているので、対策は比較的簡単です。

とにかく余分な皮脂をきれいに取り除くことが大切で、ニキビ専用の洗顔料でこまめに洗顔しましょう。

ただし洗顔もあくまでも泡で優しく洗うというのが大切です。
ニキビを治したいからとごしごし洗うと肌を傷つけて肌バリアを低下させてしまいます。

ニキビ専用の洗顔料は泡でしっかり皮脂を落としてくれるそして面倒でないものが大切。
私が息子に買ったおすすめの洗顔料の記事はこちらです。ー> こちら

 

思春期ニキビのまとめ

  • ニキビが出来ても触らない
  • 専用の洗顔料で丁寧に皮脂を洗い流す。

 

思春期ニキビにおすすめの化粧品3つはこちら=>